ASPについて

アプリケーションサービスプロバイダ(英: Application Service Provider、ASP)とは、アプリケーションサービスを提供する組織(事業者)、機構、サーバのこと。
概要
一般に用いる場合、事業者を指す言葉である事が多く、業務用のアプリケーションソフトをネットワーク(特にインターネット)を利用して、顧客にレンタルする事業者あるいはサービスを指す。利用者はインターネットに接続された環境で、ブラウザソフトを使ってASP事業者のサーバにアクセスし、ASP事業者から提供される各種アプリケーションソフトを利用する。
高額なデジタル専用回線に代わり、ADSLやFTTHなどブロードバンド回線で大容量・常時接続が低価格で提供され、導入しやすくなった2001年頃から普及し始めた。
一方、システム設計構築の用語としては、システム内でアプリケーションソフトを動作させ、サービスを提供するコンピュータサーバをASPサーバと呼ぶ。
利用分野
* オープンソース開発のコミュニティ基盤→CollabNet
* 分散SW開発のエンジニアリング環境→CollabNet
* 財務会計
* 給与計算
* グループウェア
* 営業管理、顧客管理
* 販売管理、在庫管理
* コンピュータウイルスのチェック・除去ソフト
上記にかかわらず、メリットやデメリットを考慮するならば、すべての分野のアプリケーションで利用可能である。
メリット
* サービス利用者のシステム(ソフトウェア、ハードウェア)の管理が楽になる(インターネットへのアクセスが可能な環境とブラウザがあればよい。ソフトウェアのバージョンアップやバグ修正などの保守作業はASP事業者側が行う)。
* 小規模な場合、サービス利用者は購入するのに比べて費用が安いことがある。
* サービス提供者は以下のような事がクライアント側に構築されたシステムよりも容易に可能となる。
 o ソフトウェアのバージョンアップ
 o サービス利用者の認証(利用権限の確認)
 o 利用状況の確認や分析
 o 不具合発生時の状況確認
デメリット
* 個人情報や機密情報などの外部への流出の心配(通信は暗号化されるが、セキュリティ事故等による流出の可能性)がある。
* アプリケーションに対する操作の反応速度はネットワークの速度に依存しており、ネットワークの速度が遅い環境ではアプリケーションの使い勝手が悪い。
システム内でのASPについて
最近のWebシステムにおいて、多くの場合Webアプリケーションサーバ上でのアプリケーションを実装するが、データウェアハウスやCRMなどのデータを中心としたシステムにおいては、システム固有の処理が非常に重い場合がある。例えば、ETLツールによるデータ系バッチ処理や、データから帳票を作成してPDFデータ化や画像フォーマット(jpgなど)に落とす場合、処理の負荷が非常に重く、CPUの計算資源やメモリー資源の浪費が激しいため、レスポンスが重視されるWebアプリケーションサーバでの処理に向かない。
このような場合、別途アプリケーション処理専用のサーバを建て、アプリケーションサービスを提供(provide)する事が多い。これをASPサーバと呼ぶ。

Copyright © All rights reserved.インターネットサービスについて-ASPについて.